冬は心臓病の発作が起きやすい季節なんです

夏と冬は心臓に気を付けたい季節

夏は身体の水分が抜けるので血液がドロドロになって血管が詰まりやすいから気を付けましょうと呼びかけられますが、冬は冬で寒い場所と温かい場所との温度差がありますから、それなりに危険な季節なのだと言われていますよね。普段は健康で病気知らずでぴんぴんしている人でも、思いがけない発作に襲われることだってあるんです!天気を操作することはまだ現在の科学では無理ですから、何事もなく春になってくれるのを待つしかないですね。

冬に心臓発作が多いわけ

なぜ冬になったら心臓発作に気を付かなくてはいけないのかですが、これは心臓は温度差が激しい場所に移動する時に血圧が大きく変動するからです。寒い場所から暖かいところへ行くと、心臓がびっくりしてしまいグングン血圧が上昇してしまいます。その結果心筋梗塞や狭心症の発作が出てしまうんですね。突然死の原因にもなりかねないので怖いですが、日常的な対策次第では何事もなく冬を過ごせますからあまり極端におびえなくても全然大丈夫ですからね!

具体的な対策を知ろう

例えば暖房の効いた暖まった部屋から廊下に出た時にその寒さに血圧が上がりやすくなりますが、一番発作が起きやすいのがお風呂場や脱衣所なんです。この二つのエリアの温度差を縮めるように工夫します。お風呂場でも、浴槽の中と外の温度差をなくせればなくすほど家族の命を守れますよ。具体的には脱衣所を使う前に温めておくことで熱のこもっているお風呂場との温度のギャップを埋めたり、お風呂の温度を風邪をひかない程度に下げておく、お風呂に入る少し前に浴槽の外をお湯を出して温めるなどの方法がありますよ。

大動脈瘤は血管が詰まって生命の危機にもなるほどの病気です。健康診断を受けたり、エクササイズをしたりと日ごろからケアが大切になります。

You may also like...