心臓病にならない為に!日常生活で気を付けたい事とは

適度に運動を取り入れよう

心臓病にならない為には、日常生活を気を付ける必要があります。特に慢性的に運動不足の人は、身体を動かさない事で心臓発作を引き起こしてしまうリスクがあるんです。そうならない為にも、室内を歩くだけでも十分な運動を行う事が出来ますので、座りっぱなしでテレビを見ているだけの様な生活は送らないように気を付けましょう。また、時間に余裕があって身体を動かせるという事でしたら、軽いストレッチを日常生活に取り入れるだけでも大分違いますよ。

身体に負担の掛からない入浴方法

入浴は、急な温度差で心臓に負担が掛かる可能性がありますので、十分に気を付けなくてはいけません。ですので、湯船の温度を確認して、熱すぎないかどうかというのを必ずチェックして下さい。そして、入浴時間は出来る限り10分以内にとどめるようにしましょう。ぬるま湯につかっていますと、何となく長くつかっていたくなるような気分になりますが、深く浸かりすぎる事で、思った以上に心臓に負担が掛かってしまうんですよ。また、出る際にも急な温度変化に気を付けるようにしましょう。

処方された薬はきちんと飲む

心臓に何らかの疾患を抱えて、既にお医者さんから薬を処方されている場合には、何があったとしても、その薬を毎日決められた時間に服用するようにして下さい。今日は気分が良いし、体調も良いからと言って、薬を飲まないで過ごしてしまいますと、何かが起こった時に大変です。また、心臓病と一言で言いましても、様々な症状があって、患者さんごとに処方される薬は異なります。同じ心臓病だからと言って、薬を勝手に分け与えてしまうような行為も絶対にしないで下さいね。

心臓にある僧帽弁がうまく閉じないため左心室から左心房へ血液が逆流してしまう病気、それが僧帽弁閉鎖不全症です。心臓がカバーするためになかなか自覚症状が現れず、心不全を起こし始めて症状に気づきます。

You may also like...